興奮と安静を求めて

学生生活はまだまだ続きます

ピアノと嫉妬

音楽は僕の趣味である。大学に入ってからピアノに興味を持ち電子ピアノを買った。ピアノを始めたきっかけはピアノの動画をみることでピアノの魅力を感じたからだ。また、クリエイティブなことに憧れて作曲をすることに憧れた。

きっかけの一つは、youtubeにゲームやアニメ音楽をメインとしたピアノの動画あげているまらしぃさんだ。素人の僕からには技術や作曲能力が凄く感じ、憧れている。

そのあこがれだが、いざピアノに関わってくると、彼のような親しいがピアノが上手く、賞賛されていることに、妬みを感じるようになる。それ以来彼の動画を見ていない。

プロのピアニストに対してはこのような嫉妬は感じない。僕には到底たどり着けない境地にいることを知っているからだ。

まらしぃさんについてもそう思っていることを一応信じている。しかし、生放送をしていることで親しみを感じやすくなる。まるで彼が「一般人」に近い何かに見える。若いのもそうだ。だからこそ何であいつのような「一般人」がピアノが上手い上に愛されているんだ、と感じる。

このように嫉妬が深くなってしまう為、極力離れている。下の本のアドバイスを参考に、まらしぃさんのような上手くて比較しがちな人のページに行くことを避けるようになった。

honto.jp

最近ピアノをやっていないが、それはゲームやネットサーフィンに時間と気力を奪われているからだと思う。

飽くまで趣味だから、「毎日1時間」というようにやる必要はない。ただ「毎週〇時間」というように週単位にすることでより柔軟にしたいものだ。

今日も夜更かし

クラロワに集中してしまった。負け続けたショックで止められない。トロフィーが下がりまくってアリーナ5に落ちてしまった。そのショックでアリーナ6に戻す為にバトルを続けた。幸いアリーナ6に戻れた。早くゴーレムが欲しい。

他にニコ動で黒歴史タグの動画やvipタグの動画を見た。

このままではいけない。学校が始まったらこの生活では遅刻が多くなり、勉強の意欲もなくなる。

頑張ったのは料理くらいだ。今日は外に出なかった。また風呂に入っていない。頭がかゆい。部屋も机も汚い。勉強どころではない。

そもそもなぜ一人暮らしをわざわざして大学に行っているのだろうか。卒業して良い就職をすることは建前だ。一人暮らしが楽なのである。自立と甘えが本音だが、だが自立ができていない。料理はできないことはないが、惰性でしない日が多かった。外食でもいいが、そうなるとさらに金の無駄遣いに繋がっていく。掃除も風呂も然り。自分の身の回りをしっかりと管理できていない。

自分が何をすべきかを把握しきっていない。こういうことで悩んでいる時こそ、TODOリストが役立つのかと思う。毎日日常のTODOリストを作って達成することは疲れて続かないことが多かったが、週に数回ならマシになると思う。授業期間の間、休日の土日のみ、すべきことをまとめるのはどうか。

初めてのVR

ハコスコ公式の雑誌を買った。1700円ぐらいだ。付録にVRスコープのハコスコ2眼があったから購入した。これで自宅でVRを体験できるんだと思ったからだ。

VRとは、バーチャルリアリティ(仮想現実)のことで、スコープを覗くことで仮想的な空間を見ることができ、あたかもそこにいるに感じることができる。

その雑誌を買う直前に初めてスマホ上にVR専用のアプリがあることに気づいた。VRはPS4とかのゲーム機ありきだと思ったからだ。スマホでも出来るんだな。

前から気になっているアプリは「なごみの耳かきVR」だ。立体音響の耳かきボイスを聴くことが好きで、疲れている時ほど癒される。このアプリは耳かきボイスの立体音響とVRを組み合わせたようなものだ。

www.youtube.com

ハコスコにスマホを設置して、耳かきされてみた。イヤホンを付けるのに手間が掛かった。やばい。目の前で女の子がいるー。意外に大きいんだね。触りたいけど触れない。この悲壮感。顔横にしたら視点も横になったんですけど。上を見ると女の子が見下ろして困ってる!起き上がると急にどうしたのと呆れられる。また起き上がると怒られた。かわいい。ついに存在しないはずの女の子と対面できたのだ。

VRを初めて体験したけど、VRってすごいなあ。

ただ2つ問題点があって、イヤホンしながらだから、顔を横にしたり起き上がったりしたらイヤホンが落ちることがあり、少々面倒だ。もう一つは、スマホと超近距離で見ている為、視力の面で心配だ。僕の場合、元から目が悪いのに、さらにVRにはまって視力がより悪くなることには耐えられない。だからVRは頻繁にするものではないと思っている。

しかしVRは最先端な技術だから、技術の進歩は注目していきたい感じだ。

 

10年ぶりにパーカーを着た感覚

僕はプルオーバーのパーカーを着て外に出向くことはない。着ることもかつて苦痛だった。

趣味の一つにコーデスナップやWEARに投稿されている女性のファッションを見ることがある。その中でも特にパーカーのコーデを見る。なぜパーカーかというと最もときめく可能性が高いカテゴリだからだ。パーカーとはいえ、色んなパターンがある。ジップアップかプルオーバか、腰丈か膝丈かマキシ丈か、フードの形や大きさ、首元の形、袖の長さなどだ。

このようにパーカーに興味を持った挙句、一人暮らしを数年して久しぶりにパーカーをネットで購入した。今あるのは3着で、うち2着はレディースでいずれも膝丈だ(好奇心)。これを着た感覚といったら・・・。唯一男に生まれて後悔したことだ。一番着慣れているのは、もう一着のメンズのパーカーだ。そら男だし。パーカーを12年以上前の頃以来パーカーを着ていなかったが、久しぶりに一日中パーカー(メンズの方、裏起毛)を着て過ごしてみた。

ワイシャツと異なり、首元が狭いため肩だけでなく首元も暖かい。さらにフードがありそれが気持ちよく感じる。後ろにフードがたらーんと垂れてるのがのんびり感を助長する。紐の装着感もたまらない。Lサイズだからお尻はほとんど隠れる。袖も手の甲が少し隠れるほどの長さだ。総合的にあのパーカーを着ているとゆったりできる。冬にパーカーを着る人をよく見るのはそのためだと思う。(そういえば男の方がプルオーバーパーカーを着ていることが多いような・・・)

(プルオーバーの)パーカーを着ているデメリットも2つ見つけた。一つ、集中力が必要な作業や課題を行わなくてはならない場合、のんびりしてしまって作業の妨げになる。もう一つは、女性として生まれなかったことにより後悔が強くなったことである。だってスレンダーでスタイルの良い女性が少し大きめ+(or)チュニック丈のパーカー+長ズボン(特にスキニー)orロングスカートを着ているのがたまらないから。

これから暖かくなり、暑くなるという今、パーカーの使用率が下がることにむなしく感じている。

 

二次元キャラが可愛くて辛い

授業を受けると疲労が増す。仕事も同様だ。疲れる程、はまる物がある。日常系アニメだ。大学に入り、一人暮らしを始めて半年後にこのアニメジャンルにはまった。ちなみに他のアニメは余り見ない。一番初めにハマったのは、きんいろモザイクだ。その前に艦隊コレクションの存在を知り、金剛というキャラクターを知った。その中の人つながりでカレンを知り、このアニメを知りよくきんモザMADを見るようになった。

次に、のんのんびよりごちうさ(少し)、大家さんは思春期!わかばガール、(ちょっと違うが)まどマギひだまりスケッチ、そして今はニューゲームにはまっている。

疲れている中、これらを見ていると頭がとろけるのだ。他のことを忘れてしまう。癒される。この快感。この心地よさを再体験したいが為に、またアニメを見る。そう、覚〇剤のように。

また、そのアニメのCG画像を見ても癒される。長時間見てしまう。アニメにおいての声を聞いても癒される。興味のないキャラの可愛い声はそこまで興味だして癒されないのに。それは、キャラのビジュアルや設定がしっかりとしている為、想像がしやすいからだろうか。

自分にとって可愛くて好きになってしまうキャラを見つけてしまった場合、つらい。つらい結果、そのキャラが出る場面や画像をよく見るのだ。そのせいで他のことができなくなってしまう。そのキャラと仲の良いキャラが羨ましくも妬ましくも感じるほどだ。そのうちさらに好きになり、そのキャラの誕生日をツイッター上で祝ったりする人がいるのだろう。まるでそのキャラが現実にいるように。一方現実の人に興味が無くなる。二次元コンプレックス、二次コンだ。

しかし、二次元である。決して現実にアニメキャラはいない。二次元のキャラは三次元の人が生み出す。現実に存在しないレベルで、完全に理想的な人として。

だから二次元を愛する行為をしても仕方がないのだ。二次元キャラを見て癒される。ただそれだけで完結する。これでも構わないのだが、僕たちは人と接することを避けられない世界の生きている。現実に関心が無くなると、現実の人との接触も消極的になり、ひきこもりの要因に成り得る。

しかしこれらのように引き込まれるようなアニメや原作を作れる方も凄い。「二次元キャラが可愛くてつらい」を克服する方法を考えるには、そのコンテンツを作る側に着目してみたらどうか。そもそも、その苦しみを生み出している元凶は、原作者である。原作者やその協力者が世界観を作り、キャラクターを作って設定し、ストーリーを作っている。その好きなキャラクターは僕のものでもないし、貴方達のものでもない。原作者のものだ。原作者はキャラクターを好きなように設定できるし、常識的に不可解な行動をさせることも可能だ。このことから、妄想の中で好きなキャラに愛情を注いでも、僕らには届かないと割り切っている。逆に自分のものとするキャラクターを作り、自作の世界観に住ませ、他人に認知させれば、「好きなキャラ=俺のもの」が成立するだろう。そこで提案したいのは、自分がコンテンツを作る側になり、世界観をつくることだ。そして、多くの評価を得る。

こうして絵描きや音楽制作に興味を持った。

また現実世界との接点を外さないことだ。そうすれば自分が三次元の人間だと意識でき、二次元に引き込められる可能性が減る。

今日、ニューゲームのアニメ2期が決定されたことを知った。原作は買ってないため、どのようなストーリーになるのか緊張している。だが、青葉達がどう過ごそうが、我々現実の人には関係ないことである。

現実を生きつつ、妄想を作るなり、それを視覚化するなりして自分の二次元世界を作り上げ、皆に認知させることが理想的である。

けいすけの素顔

クラクラ・クラロワの実況をしている「けいすけ実況局」のけいすけさん。

www.youtube.com

彼の実況動画をよく見ているが、個人的に衝撃的な事実だった。彼はエアギターで有名だとか、芸人だとかは知っていた。だが彼のエアギターは私の想像を超えていた。

けいすけはエアギター世界4位となっているのだ。

www.youtube.com

剥げてるやないかーい!沢山の外国人の前でパフォーマンスするとは、なんて大物なんだ!

このように多くの、しかも世界規模の人々の前を、彼は慣れているようにみえる。

それもそのはず。けいすけさんは芸人という情報を聞いたことがあるのだ。

彼は兄のたかひろさんと「ツインズ」というコンビ名でお笑いをしているのだ。すごい。この時点で顔出しの抵抗はないんだな。実況が面白いのも納得がいく。

「けいすけ実況局」の他に兄弟二人にチャンネル「フタゴエブリデイ」があることを知った。こちらは普通に顔出しをしている。

エアギターにお笑い活動、そしてゲーム実況、youtuber。いろんなことに実績を残している。僕も憧れています。

 

頭の中はいつも金、これや如何に

vipを読み漁っていたら、500円玉貯金に目が行った。(僕も昔500円を集めたことがある)500円貯金についてのスレを何個か読み、それを始めようかと思った。貯まり易いと知られているが、その貯金方法は、500円に気を遣う上、両替が面倒ということだ。定期預金にした方が楽かもしれない。

このようにお金を気にしていると、将来のお金も気になるものだ。前に株を気にしていたことがある。その為再度株式投資について調べてみた。もし僕が株式投資をするならまずは少額の余剰金で株の経験を積みたい。

www.fundaciotarraco.org

この記事によると、少額でやるならまずは30万円を種にしろと言っている。今の余剰金ははっきり言って無い。貯金してないから。大学生活の中、30万貯めるにはどうすればいいか。バイトしか考えられないだろう?授業は疎かにならないか?

5、6年後にようやく30万貯まるかとかを想像して、気が遠くなった。

お金にそんなに気を使って苦しくないか。仮に株で億手に入れても、幸せにはならない。無くなったあとが怖いから。そう仏教関連で聞いたことがある。

お金に振り回されてはだめだ。それを思い出し、「お金、振り回される」と検索した。

biz-journal.jp

ここで紹介されている「禅とマネー」という本が興味深い。お金に執着しないための知恵が欲しい。買ってみようかな。

クラクラのきおきおは元気をくれる

実は2013年頃にクラッシュオブクランというゲームにはまって受験でやめ、去年でまたハマりだした。最近はクラロワをやってる。面白くてスマホから離れない一番の原因だ。菓子と白飯を食べただけだから、力が出ない。PCやスマホの前にいて精一杯だった。youtubeでよくクラクラの実況のドズルや課金塾エメドラゴン、けいすけ実況局をよく見ている。ドズルさんの生放送で両ゲームがさらに楽しくなる。動画を見る限り、ドズルさんはクラクラ、クラロワ界の一番のスターじゃないのか。

あまり見ていないきおきおさんの動画を最近のもので見た。五月蠅くなんだコイツと思った。顔が五月蠅い。スター気取りか。サムネの表情煽ってんのか?俳優気取りかおめえ?しかも年下だと!なんか悔しいな。

このように忌々しい嫉妬が頭に混みあがった。ツイッター見ててもリアル充実しているし。これはほかの実況者、配信者にも言えることだ。でもきおきおのような手の人は何故か頭に血が上る。それは嫉妬によるものに違いない。私には友達がいない。親しく話せる友人がいないがために、人間関係に飢えている。TwitterとかのSNSで投稿している人も多分同じ状況だろう。また、性格的に大人しく他人に話しかけることに消極的だ。友人が欲しい。これを実現するための行動が分からない。分かってても行動を止める抵抗も強い。友人関係のトラブルに恐れているからだろう。このように、親しい友人を作るのが難しく、他人といると窮屈に感じることが多い。このような私は、自分からも身近に感じ、沢山の人に愛されている人が許せない、となる。しかし、「沢山の人に愛されている」という条件は、他の実況者、ドズル、けいすけなどにもいえる。きおきおのような人は、このような人らと何が違うのか。それははっきりしていて、これらの実況者に比べて、出しゃばりすぎているからだ。五月蠅い。上に挙げた人らに比べ、謙虚さが足りない。顔や動きを見て、声を聴いて不愉快だ。特に生放送だとさらに顕著だ。だが、沢山の視聴者が喜んでいる。このような人でも多くの人に愛されている。(この手の動画のリスナーの年齢層て大体高校生以下が多いだろう、違うか?)それを羨ましく思い、憎たらしくも感じる。

(きおきおのような実況者の生活は、僕の生活とは関係ない。)

しかし、悪いことだけではない。きおきおの元気そうなその動きやテンションの高い喋り方、見ているとその元気が自分にも移る。きおきおがいる動画を見るまで、僕はぼーとしてゲームしたりPCでサイトを見てたりしていた。外にでる元気はなかった。飯はあまり食ってないので、ぐったりしていた。きおきおが出ている動画を見ていると自然にテンションが上がった。彼のみなぎった活力が動画を経由して、僕にも活力が生まれた。彼のエネルギッシュなテンションや行動力を見習いたいと思ったのだろうか。人に話しかけようとする勇気が一瞬ながら生じた。

「エネルギッシュ」という言葉に目をつけた。

ーーーモチベーションが上がらない、やる気が持続しない時、元気な人やエネルギッシュな人を見ると自分もそうなりたいと思ったことはありませんか?ーーー

 

はい。

 

そうだ。テンションのとてつもなく高い人を超間近にみると、自分もそう精力的になりたいと確かに思った。運動をする、声を出す、食事を大切にするなど、これら全部僕がやっていることの真逆だった。きおきおのような活力を見習うには、上の記事を参考にするのが大事だ。

7つの方法の内、最もやり易そうなことは、猫背を止めることだと思う。その場で出来るからだ。それを維持することが重要だ。次にやり易そうなのは、笑顔になることだ。これもその場で可能だからだ。

運動したり声を出したりする機会は無いに等しい。料理も面倒で外食やコンビニ弁当が少なくない。これらは新しい習慣を作ることで、克服できる。ジムに通う、ボーカルを始める、自炊できる環境にする、というように。

 

きおきおのあのハイテンションを見てると、どこから来るのか分からない活力が生まれる。(きおきおと似たようなユーチューバーや実況者などを知っている方は、どうか教えてください)

 

thekiduki.com

どうしたら勉強できる環境を作れるか

今後の研究開発に役立つように今から勉強したい。経験的に、誘惑多い自室ではなく外でやった方が良い事は承知である。17時まで開いている大学図書館が第一候補だ。食堂もある。

そこまでは分かっている。しかし勉強しに外に出ようとする気にならない。勉強のための外出のきっかけは何か無いか。パーカーを着た女子好きだしな、それに期待して出るのはどうか。最悪な状況を想定する。卒業できない。研究テーマが思いつかない。

昼食で学食に行くついでに図書館はどうか。

「部屋が汚い。この環境では勉強する気にならない。べつの所で勉強しよー」それが出来ないから困っている。

 あ、そろそろPC消さなきゃ

スタバに行った

今日は、徒歩で遠くの街へ行った。あまり行かないレストランやカフェにいくことを目的にした。スタバなどの少しお洒落そうな店に入ることに抵抗があったが、今日はついにスタバに入れた。ラテは久しぶりに飲んだが、昔のような美味しさを感じられなかった。それに高い、高すぎる。勉強している人は何人かいた。スタバでMACしてドヤ顔する人物は確認しなかった。人は多めで、相席になる可能性もあった。相席になった場合、ここで話しかけるチャンスだと気づいた。僕は大学に入って友達を作ったことがない。友達とは行かなくても、顔見知りにするよう、何か話題を作るのが大事か。

夜ケンタッキー行ったから凄い贅沢したな。家計簿に何度か挑戦したが続かなかった。いっそここを小遣い帳にしようか。株のブログにある結果報告のように・・・

今日までの所持金:35000円(仕送りで+30000円)

今日も勉強出来なかった。次学期の予習な。